小型カメラ

小型カメラ

小型カメラ

このページは「自治体の防犯対策に役立つツール 」の情報コンテンツです。
小型カメラ > 視点を変えた撮影方法

豆知識

視点を変えた撮影方法

超小型カメラはビジネスや防犯としてだけではなく、レジャー・遊びの場面などでも有効に使うことができます。例えば、私たちが普段感じることのない視点で物事を見るために超小型カメラを使ってみるのはいかがでしょうか?

ラジコンに小型カメラを搭載

ラジコンカーやラジコンヘリなど、子供のおもちゃではなくかなり本格的な大人も楽しめるおもちゃとして、これらのラジコンアイテムはなかなかの人気があります。さて、これらを操作するだけではなく、カメラを付けて実際の操縦士気分の視点を感じてみるのはいかがでしょうか?

スマートフォンやデジカメを取り付けるのはサイズが大きいし抵抗がある場合に、軽くて小さな超小型カメラを搭載してみます。ラジコンカーなら運転席の視点になる場所に設置してみたり、ラジコンヘリなら運転席視点だけではなくヘリの下に取り付けて空からの風景を撮影してみるのもいいですね。普段見えなかった世界とその臨場感を味わうことができますよ。

ペットに小型カメラを搭載

ペットを飼っていらっしゃる方は、ペットがかわいくてかわいくてしょうがないですよね?そんなペットから見たアナタのお部屋の風景やお散歩時の風景はどのようなものなのでしょうか?特に意識していなかった段差や散歩コースが、ペットの視点で超小型カメラの映像を見てみると色々なものが気になるかもしれません。新しい気付きで、ペットの生活環境を整えてあげることもできるでしょう。

子供の目線を知る

私も子供が産まれた時には、部屋の中に危険なものがないのか色々とチェックして対策をしましたが、実際に赤ちゃんや子供の目線では部屋がどう見えているのか、色々な場所で地べたに寝転んでみてみると今まで見えていなかった視点で、さまざまな危険や興味を引くものが見えました。そこで、実際にお子様の目線になるように超小型カメラをセットしてお部屋の中を見回ってみると、更なる発見があるかもしれません。

お子様の目線に超小型カメラのセットといっても、例えば足のすね辺りにセットしてお部屋の中を歩き回ってみるといいでしょう。もちろん、その時はすり足であるいてくださいね。普通に歩いているとカメラがブレブレになりますので(汗。しかし、この「子供の目線」を感じてみると、例えば自宅以外の普段の散歩コースでも実は子供にしか見えていなかったものを発見できるので、おすすめです!

小型カメラ 激安通販