小型カメラ

小型カメラ

小型カメラ

このページは「自治体の防犯対策に役立つツール 」の情報コンテンツです。
小型カメラ > 超小型カメラは医療で活躍

豆知識

超小型カメラは医療で活躍

「超小型カメラ」と言われると想像ができないかもしれませんが、私たちの身体に使われる医療器具にも超小型カメラが使われていますね。ここではそんな医療現場で役立っているカメラに注目して取り上げています。

医療現場の超小型カメラといえば

医療の現場で使われている超小型カメラと言えば、内視鏡ですね。胃カメラといわれるタイプもありますが、私たちの身体の内部を撮影して病気の発見に一役かっています。とはいえ、実際に使うとなかなか大変で、一度経験したことがある方は、できれば二度と使いたくないと思っていらっしゃるかもしれませんが、、。

そんな内視鏡、実はUSBでご自宅で使うことができるものがあるのです。もちろん、自宅で使えると言っても胃カメラのように使うのは衛生面や安全面で避けて頂くべきですが、例えば家具の裏側や隙間などに使って無くしたものを探したり、普段見ることができないような場所を見ることができます。先端にLEDのライトが付いているタイプもありますので、暗い場所に使うこともできるようですね。

歯医者さんのデンタルカメラ

最近の歯医者はさまざまな最新技術で更に便利な医療器具が沢山あるようです。そんな中でも、患者自身の口の中の状態・虫歯の状態などを見るために使われるのがデンタルカメラ。細い器具の先にカメラが付いていて、暗い口内でもライトで照らしてみることができます。超小型カメラにてその場で撮影して、虫歯の状態と治療方針を聞くことができる歯医者さんもありますね。

このデンタルカメラもご家庭で使えるタイプがあります。口に入れるものになりますので、洗浄・消毒はしっかりとして衛生面に気を付ける必要がありますが、お子様の歯磨きの状態をチェックしたり、お子様自身にもどこが磨けていないのか目で見て確認させることが可能です。もちろん、大人の私たち自身の口の中も見れますので、自分で痛む歯の状態を確認することもできます。

小型カメラ 激安通販