小型カメラ

小型カメラ

小型カメラ

このページは「自治体の防犯対策に役立つツール 」の情報コンテンツです。
小型カメラ > 自治体の防犯対策に役立つカメラの役割

豆知識

自治体の防犯対策に役立つカメラの役割

コンビニエンスストアや大型のスーパー。時にはご自宅の玄関先に防犯カメラを設置されるケースもあります。多くの場合が天井から吊るされているタイプの防犯カメラが多いのですが、このカメラの本当の意味とはなんでしょうか?

防犯カメラで犯罪を止める

防犯カメラは例えば万引きの瞬間や自宅に泥棒が入る際に顔や犯行の瞬間を記録するためのもの。しかし、記録するだけであればむしろどこにカメラがあるのか気付かれない方が「実は撮影されていた」とできると思いませんか?もちろん、防犯カメラは記録のために設置している意味もありますが、明示的に防犯カメラの存在を知らせて抑止力としてつかうという意味もあります。

最近、コンビニエンスストアの中には「警官巡回中」という文字と共に更には等身大の警察官のポスターを店内に貼っている場合もありますが、眼に見えるものによって犯罪そのものを止めようとしているのですね。かといって、明示的に防犯カメラの場所を示していると、その死角もわかってしまいますのでいくつものカメラが店内に設置されているのですね。

証拠として残す必要がある場合

防犯カメラの様に明示的にカメラの存在を示さないようが良いケースもあります。例えば、ストーカー被害にあっている方が被害の証拠を残すために超小型カメラを使う場合などです。明確な被害が分からなければ警察としてもなかなか動きにくい所があるようですが、映像として被害を記録しておけば、訴えの証拠とすることができます。

また、有ってはならないのですが、社員や店員が原因と思われる事件を把握した際、原因の特定や内部調査のために超小型カメラを隠して使うことで証拠を押さえることなどもあるようです。

小型カメラ 激安通販